海外サッカーブログ

*

【アーセナル対トッテナム】ノースロンドンダービーを無料放送で見るならスポナビライブ

      2017/05/05

2016-17シーズンのプレミアリーグ、因縁のノース・ロンドン・ダービー(アーセナルVSトッテナム・ホットスパー)が近づいてきました。

首位チェルシーを猛追するトッテナム、CL圏内を目指すアーセナル、どちらも絶対に負けられません。

【アーセナル対トッテナム】ノースロンドンダービーの日程・試合時間

ノース・ロンドン・ダービーはいつ?何時から?

アーセナルVSトッテナムの一戦は、現地時間4月30日木曜日の16:30からホワイト・ハート・レーン(トッテナムのホーム)でキックオフ。

※日本時間では、5月1日(月)の午前0:30~

【ノース・ロンドン・ダービー】NHK BS1の無料放送は?

BS1では、アーセナルVSトッテナム戦の録画放送があります。

放送予定は、5月2日(火)午前0:50~

【アーセナルVSトッテナム】スカパーのJSPORTS2チャンネルでテレビ放送

もちろん、スカパーではノース・ロンドン・ダービーの放送があります。

J SPORTS 2チャンネル(BS243)で、5/1(月)午前0時23分から生中継で放送予定。

※視聴できるのは、JSPORTS加入者・欧州サッカーセット加入者。

【アーセナル対トッテナム】ノースロンドンダービーを生放送で見るならスポナビライブ

ノース・ロンドン・ダービーを生放送で見るならスポナビライブがおすすめ。

スポナビライブではライブ放送はもちろん、1週間の見逃し配信を動画で見れます。

スカパーよりも安いのに(スポナビライブは月額1480円)、プレミア&リーガ全試合が生放送で見れるんですよ。

さらに、5月利用分までは完全に無料なので、絶対にこの機会を逃さないように!

※申し込み期限は4月30日まで、必ずこの日までに申し込んでください(5/1~以降はキャンペーン適応外)

スポナビライブの5月利用分まで無料キャンペーン
内容 5月利用分までは無料でスポナビライブを利用できます。
申し込み期間 2017年3月16日(木)~4月30日(日)まで
公式サイト

ノース・ロンドン・ダービーの見どころまとめ

先発スタメンのメンバー予想

アーセナルのメンバー

  • GKチェフ
  • DFベジェリン
  • DFコシエルニー
  • DFムスタフィ(ガブリエル・パウリスタ)
  • DFモンレアル
  • MFジャカ
  • MFラムジー
  • MFエジル
  • MFオックスフォード・チェンバレン
  • MFサンチェス
  • FWジルー

トッテナムのメンバー

  • GKロリス
  • DFウォーカー
  • DFヴェルトンゲン
  • DFアルデルベイレルト
  • DFベン・デイヴィス
  • MFムサ・デンベレ
  • MFダイアー
  • MFエリクセン
  • MFデレ・アリ
  • MFソン・フンミン
  • FWケイン

アーセナル↔トッテナム間で移籍した選手

アーセナル↔トッテナム間で移籍した近年で有名な選手といえば、元フランス代表のDFギャラスだろう。

ジダンが頭突きしたあのドイツW杯でも、主力として活躍して準優勝に貢献した実力のある選手だ。

2006年からアーセナルでプレー、さらに2007年からは移籍したアンリに変わってチームのキャプテンまで務めたギャラス。

クラブやチームメイトと問題があったこともあり、2010年からトッテナムへ移籍して主力としてプレーしている。

しかも、ギャラスはアーセナル所属前の2001~2006年まで、なんとチェルシーでもプレーしている。

ここでも、クラブといざこざがあって、アーセナル移籍へとつながったようだ。

チェルシー→アーセナル→トッテナムを直接移籍した選手、それがギャラスなのだ。

※他にも、アーセナル→トッテナムへ移籍した元トーゴ代表のアデバヨール、トッテナム→アーセナルへ移籍した元イングランド代表のソル・キャンベルなどがいる。

アーセナル対トッテナムの対戦成績

これまで179回行われた過去の戦績では、アーセナルが75勝、トッテナムが54勝、引き分けが50。

アーセナルが大きく勝ち越しているものの、直近3試合は引き分けが続いているなど、現在の実力はほぼ互角だ。

【歴史】なぜ、アーセナルとトッテナムの関係は悪いのか?

ノース・ロンドン・ダービーとは?

同じロンドンを本拠地とする以外にも、両チームの関係が悪いのには理由がある。

トッテナムは1882年、アーセナルは1886年に創設された伝統のあるクラブチームだ。

トッテナムは創設時からロンドン北部に本拠地があったが、アーセナルはもともとロンドン南東部ウーリッジ地区に本拠地を置くクラブチームだった。

※アーセナルのエンブレムは、ウーリッジ地区にあった王立兵器廠(ロイヤル・アーセナル)が由来になっている。この王立兵器廠の労働者によってアーセナルの前身となるクラブチームが結成された。

アーセナル

しかし、地理的要因によって集客力が悪く、チームが破産状態に陥ったこともあり、トッテナムと同じロンドン北部(アーセナル・スタジアム)へ本拠地を移転する。

このように突然同じ地域にやってきたことや、不可解なアーセナルの昇格と同時にトッテナムが降格した事件*1があり、これが両チームが因縁を抱える要因となった。

*1 : アーセナルの1部昇格とトッテナムの2部降格の経緯

当時は、第一次世界大戦で休止されていたリーグが再開される時で、1部リーグが20チーム→22チームに増えることになった。

リーグ休止前に最下位だったトッテナムは2部リーグから2チームが昇格してくると考えていたが、結果は1部リーグ最下位のトッテナムが2部降格、2部リーグ5位だったアーセナルが1部昇格した。

このときの決定に関して、アーセナルのオーナーが関与していたのではないか?と疑われている。

無敗優勝をホワイト・ハート・レーンで達成

その後、両チームともにリーグカップやFAカップのタイトルを獲得して、ライバル意識を過熱させていく。

近年では、アーセナルが無敗優勝を果たした2003/04シーズンが記憶に新しい。

引き分け以上で優勝が決定という状況で、ホワイト・ハート・レーンに乗り込んだアーセナルは、2-2の引き分けで無敗優勝を達成。

ちなみに、この試合ではトッテナム→アーセナルへ移籍した、元イングランド代表のソル・キャンベルもプレーしていた。

偉大な記録を打ち立てた瞬間だったのに、アーセナルの選手が喜ぶ中で彼は一目散にロッカーへと下がっていった。

※移籍前のトッテナムではキャプテンであり、移籍金ゼロでのアーセナル移籍だったので、スパーズファンからの嫌われっぷりはハンパなかった。

#スパーズ#ガナーズ#試合#人気

ついに、トッテナムがアーセナルよりも上位でフィニッシュ!?

無敗優勝を最後に、プレミア優勝から遠ざかっているアーセナル。

しかし、それ以上に低迷していたのがトッテナム。

なんと、1994-95シーズン以降は、アーセナルより上の順位でフィニッシュしたことがない。

2015-16シーズンも終盤戦で急速に失速して、アーセナルに抜かれて3位フィニッシュとなった。

しかし、ついにトッテナムがアーセナルよりも上位でフィニッシュすることが現実のものとなってきた。

これまで格下に見られていたスパーズファンにとっては、やっとうっぷんを晴らせるシーズンとなりそうだ。

▼スポナビライブでノース・ロンドン・ダービーを無料観戦しよう!

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

 - プレミアリーグの放送