海外サッカーブログ

*

【ユーロ2016優勝候補】本命はドイツ、対抗はフランス。

      2017/07/01

いよいよ、ユーロ2016が始まります。

パリやベルギーのテロ事件の影響も心配されていますが、サッカーで嫌な雰囲気は全て吹き飛ばしてもらいたい!

そんなEURO2016、優勝候補に挙げられているチームを中心に注目選手を紹介します。

【サッカー】ユーロ2016が開催する前に、歴代優勝国を知っておこう!

優勝予想を始める前に、まずは「ユーロ歴代優勝国」について紹介します。

ユーロは、「ヨーロッパネイションズカップ」という名前で、1960年にフランスで第1回大会が開催されました。その後、第3回大会から現在の「UEFA欧州選手権(=通称ユーロ)」に名称が変わっています。

そんなユーロ、現在まで14大会が開催されており、今年のユーロ2016で第15回大会を迎えました。

歴代優勝国は、ドイツ3回・スペイン3回・フランス2回・オランダ1回・イタリア1回・チェコ1回・デンマーク1回・ロシア1回・ギリシャ1回といった感じです。

とくに、ユーロ2004のギリシャ優勝、ユーロ2008&ユーロ2012のスペイン連覇が印象的。そういえば、スペインは史上初のユーロ3大会連続優勝を狙っているのか。

【ユーロ2016】強豪国の戦力分析

歴代優勝国のフランス・ドイツ・スペインの3ヶ国に加えて、FIFAランキング2位(ユーロ出場国の中では1位)のベルギーと若手が台頭しているイングランドを含めた5ヶ国の注目選手を紹介します。

フランス代表に関しては、開幕戦である「フランスVSルーマニア」で詳しく紹介しているので、こちらを参考にしてください。

 

ドイツ代表メンバー(FIFAランキング5位)

【スタメン予想】ドイツ代表のフォーメーション

ブラジルワールドカップ優勝時の選手たちが20代後半となり、キャリアの絶頂期を迎えつつある。

ノイアー(バイエルン)にフンメルス(ドルトムント)など、中央の守備はめちゃくちゃ堅い。

ゆいつの不安点は、ゼロトップを採用=ストライカー不在か。頼みの綱のミュラーも、過去のユーロでは5試合で0得点。

【追記】怪我でロイスの欠場が決まりました。

ドイツ代表フォーメーション

SOCCER22さん(@soccer22blog)が投稿した写真 –

  • ノイアー(バイエルン)
  • テア・シュテーゲン(バルセロナ)
  • ヘクター(ケルン)
  • ボアテング(バイエルン)
  • フンメルス(ドルトムント)
  • キミッヒ(バイエルン)
  • ヴァイグル(ドルトムント)
  • ケディラ(ユベントス)
  • シュバインシュタイガー(ユナイテッド)
  • クロース(レアル・マドリード)
  • ベララビ(レバークーゼン)
  • エジル(アーセナル)
  • ポドルスキ(ガラタサライ)
  • シュールレ(ウォルフスブルク)
  • ポドルスキ(ガラタサライ)
  • ミュラー(バイエルン)
  • ゲッチェ(バイエルン)
  • ゴメス(べジタクシュ)

ドイツ代表の注目若手選手

①エムレ・ジャン(リバプール)

22歳で、リバプール所属のMF。ドイツ代表では、右SBでプレーすることが多い。

CBやCMFとしてもプレーできるユーティリティー性に加えて、大柄ながら足元の技術にも確かなものがある。

Finally!!!! Great team performance⚽️ 💪😁 #ynwa #liverpool

Emre Canさん(@ec2323)が投稿した写真 –

②スコドラン・ムスタフィ(バレンシア)

24歳で、バレンシア所属のCB。CBの層が厚いドイツ代表では、SBとしてプレーすることもある。

ドイツのDFらしく、足元の技術がしっかりしていてロングフィードの制度もいい。レアル移籍が噂されている選手です。

③アントニオ・リュディガー(ローマ)

23歳で、ローマ所属のCB。ラフなプレーが減って安定度が増したことで、移籍先のローマでCBのレギュラーを確保。

最近のドイツ代表では、フメルスとボアテングに次ぐ3番手のCB。フメルスが怪我で出遅れるため、彼の活躍に期待がかかる。

 

④ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)

22歳で、ヴォルフスブルク所属のMF。18歳でドイツ代表デビューするなど、10代から期待されてきた選手。

ただ、近年は怪我の影響もあって思うような結果が残せていない。元シャルケの選手で、内田ともすごく仲がいい。

Endlich auch auf Instgram ! #s04 #draxlerofficial #uchida #draxler #friends #comeback

Julian Draxlerさん(@draxlerofficial)が投稿した写真 –

 

⑤レロイ・ザネ(シャルケ)

20歳で、シャルケ所属のMF。今期のブンデスでは、33試合に出場して8ゴール6アシストの活躍。

まるでロナウジーニョのような、リズミカルなテクニックとドルブルが武器の選手。

 

スペイン代表メンバー(FIFAランキング6位)

【スタメン予想】スペイン代表のフォーメーション

ユーロ2008&ユーロ2012を連覇し、3大会連続のユーロ優勝を狙うスペイン。

シャビの代表引退やストライカー不在は心配だが、意外と若手が育っているのは好材料。

CL決勝進出のアトレティコ・マドリードとレアル・マドリード(昨年はバルセロナが優勝、一昨年はレアルが優勝)、ヨーロッパカップ3連覇のセビージャなど、スペインサッカーはヨーロッパの舞台で結果を残している。

スペイン代表フォーメーション

SOCCER22さん(@soccer22blog)が投稿した写真 –

  • デ・ヘア(ユナイテッド)
  • カシージャス(ポルト)
  • ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
  • アスピリクエタ(チェルシー)
  • ファンフラン(アトレティコ)
  • ピケ(バルセロナ)
  • ハビ・マルティネス(バイエルン)
  • セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
  • ブスケツ(バルセロナ)
  • チアゴ(バイエルン)
  • イニエスタ(バルセロナ)
  • シルバ(シティー)
  • セスク(チェルシー)
  • イスコ(レアル・マドリード)
  • ペドロ(チェルシー)

スペイン代表の注目若手選手

①エクトル・ベジェリン(アーセナル)

21歳で、アーセナル所属のSB。カルバハル(レアル)の怪我による欠場で、サプライズ招集される。

武器は圧倒的なスピードで、40m走のタイムはなんと4.42。アーセナルでも、右SBのレギュラーをつとめる注目の若手選手。

Disappointing not to get the win today. Great character from the boys to come from behind with 10 men! #COYG

hectorbellerinさん(@hectorbellerin)が投稿した写真 –

 

②コケ(アトレティコ・マドリード)

24歳で、アトレティコ・マドリード所属のMF。シメオネ監督がひきいる、アトレティコの中心選手。

走り回れるスタミナや正確なキックが持ち味で、シャビに力強さが加わったような選手(シャビの後継者はこの人かもしれない)

Continuamos en nuestra lucha. Desde ya centrados en la Copa #AúpaAtleti

Jorge Resurrección, Kokeさん(@koke6)が投稿した写真 –

 

③アルバロ・モラタ(ユベントス)

23歳で、ユベントス所属のFW。CL決勝のバルサ戦で同点ゴール、準決勝のレアル戦で2ゴールなど、大舞台にめっぽう強い。

先日のコッパイタリア決勝でも、途中出場から数分で決勝ゴールを決めた。「何かもっている男」モラタがスペインを救うかも。

Muy feliz por la victoria y por el gol. ¡Seguimos con la buena racha! #forzajuve #finoallafine

Álvaro Morataさん(@alvaromorata)が投稿した写真 –

 

④ルーカス・バスケス(レアル・マドリード)

24歳で、レアル・マドリード所属のFW。とにかくよく走るFWで、今期は公式戦32試合に出場4ゴール8アシストを記録。

活躍機会の限られるレアルなので、セビージャやリヴァプールが獲得に動いている。

 

 

ベルギー代表メンバー(FIFAランキング2位)

【スタメン予想】ベルギー代表のフォーメーション

デブルイネやナインゴランはクラブで大活躍だったものの、アザールやフェライニはいまいちパットしないシーズンをおくる。

絶不調だったアザールがやっと復活したと思ったら、次はコンパニがけがをしてユーロ欠場が決定。

もともとベルギーのSBは、フェルトンゲンとアルデルワイレルドという本職がCBの選手であり、DFラインは余計ごちゃごちゃした感じになりました。

★★★

【追記】主将コンパニとコンビを組んでいた、CBのロンバーツもユーロ欠場が決定。

出場機会が巡ってきたヴェルメーレンも、バルサでは出場機会の少ない選手で、CBの人材は乏しい。もはや、優勝候補ではないのかも。

★★★

【6/2更新】ベルギー代表フォーメーション

SOCCER22さん(@soccer22blog)が投稿した写真 –

  • ミニョレ(リバプール)
  • ジョルダン・ルカク(オースンデ)
  • ヴェルメーレン(バルセロナ)
  • アルデルワイレルト(トッテナム)
  • ヴィツェル(ゼニト)
  • デンベレ(トッテナム)
  • フェライニ(ユナイテッド)
  • ナインゴラン(ローマ)
  • アザール(チェルシー)
  • メルテンス(ナポリ)
  • ベンテケ(リバプール)

ベルギー代表の注目若手選手

①ティボー・クルトワ(チェルシー)

24歳で、チェルシー所属のGK。チェルシーの不振やけがの影響で、今期はあまり活躍できていない。

それでも、彼が世界最高のGKの一人であることには何ら変わりないと思います。

Thank you for your support in this difficult season. We will bounce back stronger next year! #CFC

Thibaut Courtoisさん(@thibautcourtois)が投稿した写真 –

 

②ヤニック・カラスコ(アトレティコ・マドリー)

22歳で、アトレティコ・マドリー所属のWG。チームでも主力としてプレーして、アトレティコ躍進を支える選手の一人。

相手をかわすドリブルやクロスの精度はもちろん、ハードワークができる選手でもある=だから、アトレティコで使われる。

 

③ミチ・バチュアイ(マルセイユ)

22歳で、マルセイユ所属のFW。ベンテケやルカクに続いて出てきた、ユーロでブレイク間違いなしの若手選手。

今期のリーグアンでは24ゴールを決めて、来季からはプレミア移籍(トッテナムやアーセナルなど)もうわさされている。

 

④ディボック・オリジ(リバプール)

21歳で、リバプール所属のFW。長身ながら、足元の技術にも素晴らしいものを持っている。

クロップ監督のもとでプレミアリーグ1年目を送り、リーグ16試合5ゴール、EL12試合2ゴールの活躍。

That feeling when you score in a merseyside derby ✨

Divockさん(@divockorigi)が投稿した写真 –

 

⑤ロメル・ルカク(エバートン)

23歳で、エバートン所属のFW。今期は、リーグ戦37試合で18ゴールを決める活躍。

スピード・高さ・強さの3つすべてが揃っており、ベンテケをおしのけて彼がベルギー代表のCFをつとめる。

 

イングランド代表メンバー(FIFAランキング10位)

【スタメン予想】イングランド代表のフォーメーション

フランスと同じく、若手が台頭して世代交代に成功したサッカーの母国。

プレミア1位を争ったレスターのエース「バーディー」と、トットナムのエース「ケイン」など、攻撃陣が強烈です。

【追記】レスターで活躍したドリンクウォーターは、まさかの代表落選が決定。

イングランド代表フォーメーション

SOCCER22さん(@soccer22blog)が投稿した写真 –

  • ハート(シティー)
  • フォースター(サウサンプトン)
  • クライン(リバプール)
  • ウォーカー(トッテナム)
  • ローズ(トッテナム)
  • ケイヒル(シティ)
  • ストーンズ(エヴァートン)
  • スモーリング(ユナイテッド)
  • バークリー(エバートン)
  • ミルナー(リバプール)
  • ヘンダーソン(リヴァプール)
  • ララーナ(リヴァプール)
  • ルーニー(ユナイテッド)
  • スターリッジ(リバプール)
  • バーディー(レスター)
  • スターリング(シティー)
  • ラッシュフォード(ユナイテッド)

イングランド代表の注目若手選手

①エリック・ダイアー(トッテナム)

22歳で、トッテナム所属のMF。地味ながら、トッテナムとイングランド代表を支える縁の下の力持ち。

188cmでゴツゴツした体格ですが、パスの精度も素晴らしいものを持ってます。

What a night! Amazing feeling to score my first goal for England

Eric Dierさん(@ericdier15)が投稿した写真 –

 

②ロス・バークリー(エバートン)

22歳で、エバートン所属のMF。189cmと大柄ながら、パスセンスは素晴らしいものを持っています。

22歳でプレミアリーグ100試合出場を達成するなど、10代からトップレベルで活躍している選手。

Game day… Come on you blues!!! 🔵💪🏻

Ross Barkleyさん(@rossbarkley)が投稿した写真 –

 

③デレ・アリ(トッテナム)

19歳で、トッテナム所属のMF。今期はリーグ戦10ゴールを決めて、PFA(イングランド・プロサッカー選手協会)が選ぶ「最優秀若手選手賞」を受賞。

クリスタルパレス戦のボレーシュートは、すごすぎて話題になりましたね。

 

④ジャック・ウィルシャー(アーセナル)

24歳で、アーセナル所属のMF。度重なる怪我で満足な活躍ができず、「ガラスの司令塔」と揶揄されたり。

今期はリーグ戦3試合しか出場していないものの、ホジソン代表監督からの絶大な信頼を得ている。

 

⑤ハリー・ケイン(トッテナム)

22歳で、トッテナム所属のFW。プレミアリーグ2シーズン連続で、20ゴール超えは本当にすごい。

今季、PFAが選ぶ「年間ベストイレブン」にも選出される。果たして、ケイン初の国際舞台である「ユーロ」で活躍できるのか。

Wearing the poppy with pride! #coys #rememberanceday

Harry Kaneさん(@harrykane)が投稿した写真 –

 

ユーロ2016の最終的な順位予想

【ユーロ2016を予測】本命はドイツ、対抗はフランス、穴はイングランドとスペイン。

本命はドイツ。

ブラジルワールドカップを優勝して、クラブチームでもヨーロッパの舞台で戦ってきた選手たちの経験値は本当に大きい(下馬評でも、大本命はやっぱりドイツ)

ゆいつの不安点は、予選9ゴールを決めて相変わらずの得点能力を見せるミュラーが、前回のユーロ2012では0得点なことくらい。

対抗はフランス。

ポグバやマルシアル、グリーズマンなどの若手とベテラン選手がいい感じの割合でスタメンを構成する。

不安点は、ヴァランのユーロ欠場が決まり(太ももの怪我)、いっそう貧弱なCB陣になったこと。それでも、開催国のアドバンテージをいかして、決勝まではいけるのでは。

★★★

【追記】ボランチに入るディアッラも怪我でユーロ欠場が決定。親善試合でも失点が多すぎて、やはりCBの貧弱ぶりが目立つ。

優勝候補の対抗にフランスを挙げたが、決勝まではいけないんじゃないかな。

★★★

穴はイングランドとスペイン。

FWにケインとヴァーディー、GKにはハートがおり、プレミア屈指の「決める人」と「止める人」が揃っている。

それでも、国際舞台を経験していない選手が多いこと&CBがケーヒルとスモーリングではさすがに優勝できないか。

一方のスペイン、DF陣もMF陣にも世界クラスが揃っており、後ろはしっかりしている。

ただ、やはりビジャ引退後のストライカー不在は今でも解消されていない。大舞台にめっぽう強いモラタの活躍次第か。

 

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

 - 【サッカー】ユーロ2016