海外サッカーブログ

*

【ユーロ2016】出場国の新ユニフォームや公式球を紹介!

      2017/05/05

今だからこそ買える、ユーロ2016出場国の新ユニフォームや公式球を紹介します。

もちろん、画像を見るだけでも楽しめますよね。そんなわけで、ユニフォームや公式球について見ていきます!

ユーロ2016で使われる公式球

UEFA EURO 2016で使われているサッカーボールは「ボージュ」(フランス語で「美しい試合」という意味)

デザインは、フランス国旗に描かれているトリコロールの青・赤・白を組み合わせたものとなっています。

 

【ユーロ2016】UEFA公式グッズ

UEFAから、キーホルダーが販売されています。

【UEFA EURO2016】オフィシャル 開催都市 キーホルダー

 

【UEFA EURO2016】オフィシャル トロフィー キーホルダー

 

【UEFA EURO2016】オフィシャル トロフィーピンバッジ

 

 

ユーロ2016出場国のユニフォーム一覧

フランス代表ユニフォーム@NIKE

開催国として臨むフランス。

ユニフォームに使われる青色が、年々濃くなってきている気がします(今年は2色の青を基調としている)

 

スイス代表ユニフォーム@PUMA

 

イングランド代表ユニフォーム@NIKE

あんまり、かっこよくないような…

 

ロシア代表ユニフォーム@adidas

フランスに同じく、ユニフォームに使われる赤色が、年々濃くなってきている気がします。

 

ドイツ代表ユニフォーム2016@adidas

ドイツ代表といえば「adidas」(adidasは、ドイツのバイエルン州に本社がある)

白を基調としたユニフォームに、アディダスの3本線が引き立ちます。

 

スペイン代表ユニフォーム@adidas

今年のユーロは、シャビがいない。その分、イニエスタにかかる期待は大きい。

 

クロアチア代表ユニフォーム@NIKE

有名なチェック柄は「シャホヴニツァ」と呼ばれており、かつて存在していたクロアチア王国の紋章からきています。

 

チェコ代表ユニフォーム@PUMA

 

イタリア代表ユニフォーム@PUMA

歴代のユニフォームと比べて、一段とスタイリッシュに感じます。

ちなみに、イタリア代表の愛称「アズーリ」は「青の軍団」という意味。

 

ベルギー代表ユニフォーム@adidas

王者って、感じのユニフォームですね。

 

スウェーデン代表ユニフォーム@adidas

やっぱり、スウェーデン代表といったらイブラヒモビッチ。

彼は34歳になったんですが、まったく衰えないのがすごい。

 

ポルトガル代表ユニフォーム@NIKE

これまたフランスと同じく、ユニフォームに使われる赤色が年々濃くなっている気がする。

サッカー界のトレンドなんでしょうか?

 

オーストリア代表ユニフォーム@PUMA

本当に、赤系統をホームユニフォームとする国が多い。

 

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

 - 【サッカー】ユーロ2016