海外サッカーブログ

*

【トッテナム】ハリー・ケインはルーニーを超えられるのか?

      2017/05/05

2014-15シーズン、プレミアリーグに新生が現れました。それは、トッテナムホットスパーFC(愛称はスパーズ)のハリー・ケイン。

当時21歳だったケインは、得点ランキング2位となる20ゴールを記録。イングランド代表メンバーにも選出。その後のデビュー戦では、出場からたったの80秒で代表初ゴール。

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだったケインですが、2015-16シーズン序盤は調子を落としていました。あれから、ケインはどうなったのか?

2年連続のプレミアリーグ20ゴールへ、得点王も視野に入ったハリー・ケイン。

ハリーケインとは?

ハリー・エドワード・ケイン(Harry Edward Kane、 1993年7月28日 – )は、イングランド・ウォルサム・フォレスト・ロンドン特別区出身のサッカー選手。プレミアリーグ・トッテナム・ホットスパーFC所属。ポジションはフォワード(CF、ST)・ミッドフィルダー(OMF、SMF)。
トッテナム・ホットスパーFC下部組織からの生え抜きの選手で、2015年よりイングランド代表。利き足は右足。
出典 : ハリー・ケイン

【豆知識】今年から、背番号は18→10に変更。ケインは7歳でアーセナルからスカウトを受けてユースチームへ加入。しかし、その約1年後にアーセナルFCから放出→ワトフォードのユース→トッテナムのユースに入団している。

2015-16シーズンの成績

シーズン序盤こそ不調でしたが、チームとともにケインが調子を取り戻しています。現在のスパーズはレスターとプレミア初優勝を争い、ケインはレスターのエース「ジェイミー・バーディー」とともに得点ランキングトップの19ゴール。

結果を示して、本物であることを証明。クリスタル・パレス戦で鼻を負傷した影響で、最近はフェイスガード(ゴーグル/メガネマスク)を付けてプレーしています。

Harry Kaneさん(@harrykane)が投稿した写真

ハリー・ケインのプレースタイル

ケインは特別なテクニックがあるわけでもなく、スピードがずば抜けて速いわけでもなく、強靭なフィジカルをもっているわけでもありません。ただ、シュートはうまいですし、裏への飛び出しが優れていて、屈強なプレミアリーグのCBにも当たり負けしません。

身長も188cmあり、万能型のCF(センターフォーワード)。なによりも、ケインの決定力がすごいですね。

ゴールやアシストばかりに気がとられてしまいますが、前線からの守備ができているからこそ上位チーム相手に戦え、ななめの動きや動きなおしができるからこそ、スペースがない下位チーム相手からもゴールを奪える。素晴らしい選手です。

ハリー・ケインの目標はルーニー

ケインを見ていると、思い出してしまうのが同じイングランド代表のルーニー。ケイン自身も、「イングランド代表としてルーニーを超えたい」と語っています。

ルーニーのイングランド代表での初ゴールは17歳と317日(最年少記録)、得点数は歴代1位の50得点。ルーニーに比べると遅咲きのケインですが、今の調子が続く限りルーニー超えは全然不可能じゃありません。

ルーニーのプレミアリーグでの成績は、357試合に出場して176ゴール。10代から活躍し始めたルーニーは試合数で有利ですが、毎年20ゴール決め続けることがケインにできれば、こちらについてもルーニー超えは全然不可能じゃない。

国際大会にめっぽう弱いルーニーのようにはならず、今年開催されるユーロ2016ではケインに活躍してほしい!

ハリー・ケインはビッククラブへ移籍するのか?

これだけ活躍しているので、数々のビッククラブがケイン獲得へと動いています。ケイン自身はスパーズ(トッテナム)に残留したいと発言していますし、スパーズだって同国の若手有望選手を放出したくないでしょう。

ただ、うわさが絶えないのは事実。レアル・マドリードやマンU(マンチェスターユナイテッド)、マンC(マンチェスターシティー)やチェルシーが狙っていると。イングランド代表の若手有力選手なので、プレミア内での移動が現実的かな。

ただ、札束で頬を叩かれるような感じで移籍してほしくないなーと思います。カネじゃないといっているのではなく、ビッククラブへの移籍が失敗だったサッカー選手はたくさんいるもんだから。

ケインはFIFA派みたい。

FIFA15をプレイするケインとメイソンVSスパーズのサポーター。

スポンサーリンク
記事のタイトルとURLをコピーする

 - 未分類